日別アーカイブ: 2013年3月29日

blog休眠期間中のアウトプット

前回の更新が昨年の10月30日、半年近くに渡り、更新していませんでした。。。
この間、他でいくつかの書きものが重なっていたので、なかなかこちらで書く気にならず、また書きたい内容が被っていたので、こちらで書くわけにもいかず、という結果です。

これらの連載もほぼ終わったので、あらためて、この期間の書きものを、こちらでまとめ&紹介をしておこうと思います。

◆『MarkeZine』さんでの連載

MarkeZineさんで、" 「マーケティングリサーチなんかいらない!?」 変わるものと変わらないものを考える ” というタイトルで5回の連載で書かせてもらいました。
マーケティングリサーチを取り巻く環境が変わる中で、もう一度マーケティングリサーチについて考えてみようというのがテーマです。
ただし、主に「考え」について書いているため、「実用性に欠ける」「で?」というご批判もあったように思います。この批判は甘んじてお受けしますが、先にも書いたように、ここであらためてマーケティングリサーチを考えてみませんか、が主題でもあるので、これはこれで。

「マーケティングリサーチ不要論」の背景にあるもの (2013/1/30)

モバイルとソーシャルの衝撃、現状把握から将来予測へ 発想の転換を求められるマーケティングリサーチ (2013/2/13)

拡張するマーケティングリサーチ、「調査手法」からリサーチの現在を俯瞰する (2013/2/27)

変わるべきマーケティングリサーチの視点 「代表性・単一調査への依存・同質性」について (2013/3/13)

変わることのない、基本として理解しておきたい、マーケティングリサーチの3つの考え方 (2013/3/27)
 

◆「市場調査クリニック」さんでの連載

以前も連載をしていただいた「市場調査クリニック」さんで、" マーケティングリサーチの基礎 ”という新シリーズで、4回の連載を書かせてもらいました。
こちらは、企画・設計・分析・報告書についての基本的な考え方についてまとめたものなので、いくぶんハウツーに寄ったものになっています。

企画を考える (2012/10/25)

リサーチデザインを考える  (2012/11/21)

分析を考える   (2012/12/14)

報告書を考える  (2013/3/5)

◆JMRA機関誌『Marketing Researcher』での連載

こちらは新連載になるのですが、日本マーケティングリサーチ協会の機関誌『Marketing Researcher』誌での連載を始めました(何回の連載になるかは未定です)。
タイトルは、「高付加価値なリサーチはいかに可能か」。毎回、このテーマに沿ったインタビューを行い、そこから高付加価値なリサーチに迫ろうという内容です。(少々大上段に構えたタイトルなので、タイトル負けしないようにがんばります。。。)

1回目の今回(120号)は、「クライアントのビジネスへ踏み込むために行うべきこと ~製薬業界のリサーチを事例に~」です。

こちらは、WEB上にテキストがないので、本誌をご覧いただければと思います。
(JMRA会員であれば、会員ページにてPDFファイルを見ることができます。会員ログインページはこちら ↓ 。IDとパスワードが必要です。会員社の方なら、どなたかご存知だと思いますが。。。

https://www.jmra-net.or.jp/member/login.php

また、120号のもくじは、こちらで↓。

http://www.jmra-net.or.jp/publication/organ/index.html


◆『宣伝会議』2013年4月15日号での寄稿(2013/4/15 追加)

宣伝会議の連載、現代「宣伝・広告の実務」の第4回で寄稿しました。
テーマは「マーケティングリサーチの実務~リサーチ計画の立案と実行」です。
ほんとうに「実務」を書き始めたら本になってしまうので、エッセンスのみですが。

http://www.sendenkaigi.com/books/back-number-sendenkaigi/1367

 

◆『奈良のコンステレーションブランディング』(共著)の発刊

本書は、もうひとつの活動領域である地域デザイン学会での成果。
内容は、ブランド論から見る地域デザイン試論的な内容です。 (が、歴史から見る奈良の観光案内的にも読めます。また共著とはいえ、すずきの執筆パートは少ないのですが)
リサーチとは関係ないですが、これも執筆活動のひとつなので紹介しておきます。

奈良のコンステレーションブランディング: “奈良”から“やまと”へのコンテクスト転換 (地域デザイン叢書2) 奈良のコンステレーションブランディング: “奈良”から“やまと”へのコンテクスト転換 (地域デザイン叢書2)
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2013-03-21

以上が、この半年間くらいで発表された書きものになります。興味を持たれたものがありましたら、ご覧いただければと。(いまも、締め切り間近のものが1本あるのですが、発行されたらこちらに追加します)

短期での連載モノがとりあえず終わったので、再びこちらのblogの投稿頻度を増やしたいなと思う、今日このごろです。
また、FaceBookがアーカイブとしてはいまひとつなので、こちらにFaceBook投稿のまとめを書いておくことが必要かな、とも考えているところです。

いずれにしても、このblogをまだ終了したわけではないので、時々のぞきに来ていただければと思います。(その前に、きちんと更新をしなければですね。はい。。。)